マイホームローン借り換え・マイホームローン金利のことならマイホームローン・借り換え・金利!マイホームローン・借り換え・金利情報局におまかせ!

マイホームローン・借り換え・金利!マイホームローン・借り換え・金利情報局

新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2010.12.05 Sunday | - | - |
[ HOME改正貸金業法 > クレジットカード周りの法令「改正割賦販売法」が12月に強化されるって知ってた人は4割足らず ]

クレジットカード周りの法令「改正割賦販売法」が12月に強化されるって知ってた人は4割足らず

< クレジットカード周りの法令「改正割賦販売法」が12月に強化されるって知ってた人は4割足らずの記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、クレジットカード周りの法令「改正割賦販売法」が12月に強化されるって知ってた人は4割足らず についてです。 ネットエイジアは2010年11月11日、改正貸金業法に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち、今年の12月に完全施行される改正割賦販売法(かいせいかっぷはんばいほう)のことを認知している人は4割足らずに過ぎないことが分かった。世代別では若年層ほど認知率が低いが、50歳以上でも4割強しか認知者がいない。また、個人向けローン(キャッシング)の属性別では現在借入残高が存在し、しかも借入総額が総量規制の適用となる年収の1/3超を超えている人において、もっとも高い認知率を示している。借入をしている人ほど、お金周りの情報には敏感になるようだ(【発表リリース】)。 今調査は2010年10月8日から11日にかけて20歳以上の有職者・専業主婦に対し、携帯電話を使ったインターネット経由の調査方式で行われたもので、有効回答数は2000人。男女比は1対1、年齢階層比は20代313人・30代625人・40代834人・50歳以上228人。 【改正貸金業法で「総量規制」実施、知っている人は65.2%】にもあるように、従来の貸金業法が抜本的に改正された「改正貸金業法」が2010年6月18日に施行。借り手も貸し手も大きくその行動を制限された。それと並行する形で2010年12月に施行(予定)されるのが「改正割賦販売法」。詳細は【日本クレジット協会の解説ページ】や【政府広報オンラインの解説ページ】で確認してほしいが、「クレジットカードを使った間接的な貸付の類が出来ないように事業者へのルールを厳格する」「貸付時には支払い能力の調査を行い、能力以上の与信を禁止する」「規制範囲を拡大する」「クレジットカード情報の保護を明文化する」などが主な内容となっている。改正貸金業法との絡みとしては、一番目のいわゆる「クレジットカード借入枠を現金化云々」の悪質商法(概してこのような手口を使う人はすでにキャッシング限度枠の上限に達しており、当然支払い能力に問題が生じている)などが該当する(他に総量規制に近い「支払可能見込額」の概念も導入されるが、ややこしくなるのでここでは省略する)。 その「改正割賦販売法」について知っているか否かを聞いた結果が次のグラフだが、先の改正貸金業法と違い一般公知が今一つのようで、認知率もさほど高いものではない結果が出ている。 男女別では男性の方が、年齢階層別では高齢者の方が認知率が高いが、違いはせいぜい10ポイント程度。知らなかった人はどの層でも過半数に達し、よく知っている人になると1割前後でしか無い。クレジットカードの利用は人によってはキャッシング以上に利用率が高いだけに、認知率が低い現状は問題といえる。 これをキャッシングの借入に関する属性別で見ると、興味深い結果が出ているのが分かる。 全般的にキャッシングの利用者、しかも利用性向の高い人の方が、改正割賦販売法の認知率が高い。お金周りの法令施行に敏感になっていること、「改正貸金業法」と「改正割賦販売法」はセットで語られることもあること、そしてキャッシングを利用する人は多分にしてクレジットカードを使う場面もあることなどを考えれば、納得はいく。特に「現在借入中・年収1/3超」、つまり現行法令では総量規制でキャッシングによる新規借り入れができない状態の人の認知率が高いのは、「キャッシングができないのならクレジットカードで買物を……」と考えた上で色々と調べていくうちに知ったのかもしれない(あるいはすでに併用していることも考えられる)。 キャッシングにしてもクレジットカードにしても、本来の使用目的に沿って使いこなせば、有効なマネーツールとなりうるもの。しかし往々にして「借入できる額」=「自分が現在所有している額」と勘違いし、気が大きくなってしまうもの。それはまるで、自動車を運転している人が、時として気が大きくなってしまう状況に似ている。 規制強化の結果、借り入れや利用がしにくくなったと感じたら、それは(現行の法令の上では)無茶な利用をしている・していたことを意味する。自分の背丈にあった利用を心がけよう。(情報提供:Garbagenews.com)サーチナより 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< クレジットカード周りの法令「改正割賦販売法」が12月に強化されるって知ってた人は4割足らずの記事の続きはココから >
< クレジットカード周りの法令「改正割賦販売法」が12月に強化されるって知ってた人は4割足らずの記事はココまで >
| カテゴリ : 改正貸金業法 | 2010.12.05 Sunday 17:45 | comments(6) | trackbacks(0) |
[ HOMEマイホームローン金利 > 中央ろうきん、「生活応援引き下げ」で住宅ローン金利0.85%に ]

中央ろうきん、「生活応援引き下げ」で住宅ローン金利0.85%に

< 中央ろうきん、「生活応援引き下げ」で住宅ローン金利0.85%にの記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、中央ろうきんの「生活応援引き下げ」で住宅ローン金利0.85%についてです。 中央労働金庫(中央ろうきん)は、2010年10月1日から「生活応援引下げ」として変動金利タイプの住宅ローンと借換・買替ローンの金利を0.225%下げる。 すでに、財形貯蓄の利用や、中央ろうきん口座を給与振込みに指定するといった複数の条件を満たすと、金利を1.25%引下げるなどの施策を実施しており、全ての引下げサービスを適用すると、最大で標準金利から1.625%の優遇を受けられる。10年10月1日現在、標準金利は年2.475%なので、引下げ後の金利は0.85%になる。 対象期間は11年3月31日融資実行分まで。また、詳細な条件は中央ろうきん公式サイト(http://chuo.rokin.com/kariru/jutaku/jtlonyugu.html)で確認できる。<モノウォッチ>より 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 中央ろうきん、「生活応援引き下げ」で住宅ローン金利0.85%にの記事の続きはココから >
< 中央ろうきん、「生活応援引き下げ」で住宅ローン金利0.85%にの記事はココまで >
| カテゴリ : マイホームローン金利 | 2010.10.24 Sunday 23:18 | comments(6) | trackbacks(0) |
[ HOMEマイホームローン借り換え > 住宅ローンの借り換えを検討する際の注意点を教えて… ]

住宅ローンの借り換えを検討する際の注意点を教えて…

< 住宅ローンの借り換えを検討する際の注意点を教えて…の記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、住宅ローンの借り換えを検討する際の注意点についてです。  ◆住宅ローンの借り換えを検討する際の注意点を教えてください。 ◇金利差、残高、返済期間考えて ネットで試算、申し込みも家計収入が伸び悩むなか、住宅ローンの返済負担が重くなったと感じる人も多いようです。10年ほど前に住宅金融公庫融資を利用してマイホームを取得した人は、11年目以降の適用金利が4%台に上がり、返済額が増えてしまいます。 民間金融機関の固定金利選択型ローンを借りて、固定金利期間がまもなく終了する人も、その後は基準金利をベースに設定した金利が適用されますので、返済額が増えるケースも多いでしょう。 このような場合には、住宅ローンの「借り換え」を実行することで、返済負担の軽減を検討したいものです。借り換えとは、いま返している住宅ローンを一括返済するために、別のところから新たに住宅ローンを借りる方法です。現在はかなり金利が低いので、以前借りた金利が高いローンから、低いローンに借り換えられれば、返済負担は軽くなります。 借り換えで、どの程度効果があるかは、金融機関の窓口等で相談すれば試算をしてくれますが、まずはご自身が次のケースに該当するかを確認してみましょう。 (1)現在のローンと借り換え後のローンの金利差が、0・5〜1%以上ある (2)ローン残高が、500万〜1000万円以上ある (3)ローンの残り返済期間が10年以上ある 以上の三つすべてに該当するようであれば、借り換えの効果が期待できる可能性があります。 最近では、インターネットで住宅ローンの試算や、申し込みができる金融機関も増えました。忙しくて、金融機関の窓口等へ行く時間がないという人は、利用してみるのもよいでしょう。 借り換えに当たっては、どの住宅ローンを選ぶかが大切です。一口に住宅ローンといっても、金利の種類によって以下のようなタイプに分かれます。 (1)変動金利型 原則として年2回、適用金利が見直される (2)固定金利選択型 5年や10年など、当初の一定期間は固定金利で、固定期間終了後は再度、固定金利選択型を選ぶか、変動金利型に移行するかを利用者が決める (3)固定金利型 借入時の金利が、返済終了までずっと続く 金利水準は、(1)↓(3)の順に高くなるのが一般的ですが、その時々の状況によって変わりますので、確認することが必要です。 確認する際は、金利だけでなく、ローン保証料や団体信用生命保険料、ローンの事務手数料などの諸費用も勘案しましょう。 このほかにも、 (1)借り換え後の返済期間は、現在の残り返済期間より長くできない場合が多い (2)借り換えで金利が下がる分、返済額を増やさなくても返済期間を短くできる場合が多く、返済総額を減らすことも期待できる などのメリット、デメリットも知っておくとよいでしょう。 「今払っている住宅ローンの金利は高い」「これから金利が高くなる」と思われる方は、自分のライフスタイルを考えながら、より負担の軽いローンへの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。(にいくら・ゆき=ストックアンドフロー/ファイナンシャルプランナー)毎日jpより 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 住宅ローンの借り換えを検討する際の注意点を教えて…の記事の続きはココから >
< 住宅ローンの借り換えを検討する際の注意点を教えて…の記事はココまで >
| カテゴリ : マイホームローン借り換え | 2010.09.12 Sunday 22:30 | comments(5) | trackbacks(1) |
[ HOMEマイホームローン金利 > 住宅ローン「フラット35S」、優遇金利延長へ 国交省 ]

住宅ローン「フラット35S」、優遇金利延長へ 国交省

< 住宅ローン「フラット35S」、優遇金利延長へ 国交省の記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、住宅ローン「フラット35S」、優遇金利延長についてです。 国土交通省は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が扱っている住宅ローン「フラット35 S」の金利優遇の拡大措置の期限を、今年末から来年度末まで延長する方針を固めた。省エネ 住宅などを対象に当初10年間の金利を、通常の固定金利住宅ローン「フラット35」より1 %幅引き下げる優遇策で、景気対策と優良住宅の普及を狙って続ける。 金利優遇を延長するのは、最長35年の長期固定金利ローン「35S」。省エネ性能や耐震性 、バリアフリーなどの基準を満たす優良住宅であれば、「35」の標準金利から1%幅低い金 利で借りられる。支援機構の収入が減る分を税金で埋めるため、国交省は来年度予算の概算要 求に200億〜300億円程度を計上する方針。政府が検討中の追加経済対策に盛り込むこと も視野に入れている。 2005年に始まった「35S」の当初の金利優遇幅は0.3%だったが、昨年12月に鳩山 政権が打ち出した緊急経済対策で、10年末までの措置として1%に拡大した。これにより「 35S」の今年2〜7月の申請件数は計5万5422件と、前年同期の約4.7倍に急増した 。 「35S」は全国の金融機関で扱っており、ローンの債権を支援機構が買い取る。基準となる 「35」の8月の金利は2.230〜3.2%(返済期間21年以上35年以下)で、「35 S」はこれより1%幅低い金利で借りられる。借入額3千万円で35年返済の場合、返済総額 は「35」より300万円近く少なくて済む。(鳴澤大)asahi.comより 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 住宅ローン「フラット35S」、優遇金利延長へ 国交省の記事の続きはココから >
< 住宅ローン「フラット35S」、優遇金利延長へ 国交省の記事はココまで >
| カテゴリ : マイホームローン金利 | 2010.08.28 Saturday 14:24 | comments(2) | trackbacks(1) |
[ HOME最新情報 > 東京スター銀行、「住宅ローンに関する意識調査」結果を発表 ]

東京スター銀行、「住宅ローンに関する意識調査」結果を発表

< 東京スター銀行、「住宅ローンに関する意識調査」結果を発表の記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、東京スター銀行の「住宅ローンに関する意識調査」についてです。 〜「住宅ローンに関する意識調査」〜 なぜ頑張る?住宅ローンの繰り上げ返済 〜 85.7%が繰り上げ返済を希望。本当に落とし穴(デメリット)はないの? 〜 株式会社東京スター銀行(東京都港区:代表執行役頭取CEO ロバート・エム・ベラーディ)は、20代から40代の住宅ローン保有者1,487名を対象に『住宅ローンに関する意識調査』(インターネット調査)を実施しました。 調査の結果、住宅ローン保有者のうち42.6%(633人)が、「繰り上げ返済の経験がある」と回答。また、85.7%もの方が、「金銭的余裕の有無に関わらず繰り上げ返済を望んでいる」と回答されました。 繰り上げ返済を希望する一番の理由は、「利息を減らしたいから(64.5%)」、二番目は、「借金は早く返す方がいいとなんとなく思うから(11.8%)」という結果でした。 では、繰り上げ返済に落とし穴(デメリット)はないのでしょうか。実は、本調査においても、繰り上げ返済経験者のうち約4割もの方が「繰り上げ返済にはデメリットがあると思う」と回答しており、そのうち約8割の方が「手元の現金が減る」ことを最大の理由にあげています。 繰り上げ返済の落とし穴(デメリット)とは・・・ (1)手元の現金が減る(生活費の不足や急な出費に対応できなくなる)・・・76.7% 手元にあるお金の多くを繰り上げ返済に回してしまうと、余裕資金がなくなり、突発的な理由でお金が必要になった際に困ることになります。 (2)団体信用生命保険の権利放棄・・・23.8% 多くの方が借り入れ時に加入している団体信用生命保険は、多くの場合保険料は銀行負担です。また、借入人が保険料を負担している場合でも、民間の生命保険と比較すると大幅に割安になっています。繰り上げ返済をしてしまうと、この有利な保障プランを一部手放してしまうのと同じことになります。 (3)返済期間を1度短縮すると再延長ができない・・・17.6% 繰り上げ返済により、返済期間を一度短縮すると、再延長できないことが一般的です。次回の金利見直し時や借り換え時に、返済期間が短いことで毎月の返済額が大きくなり、家計への負担が重くなってしまうことも考えられます。 〜繰り上げ返済経験者633名のうち、住宅ローン繰り上げ返済にデメリットが「あると思う」と回答した227人に、デメリットの理由を聞きました。(複数回答)〜 『住宅ローンの支払い利息は減らしたい。でも、繰り上げ返済にもデメリットが・・・』、そんな悩みを解決する方法が"預金連動"という仕組みです。 "預金連動型"の住宅ローンでは、普通預金と同額分の住宅ローン残高には金利がかからないため、普通預金に預けるだけで支払い利息を軽減することが可能です。つまり、手元の預金を減らすことなく繰り上げ返済と同じ効果が得られるのです。 また、預け入れるのは普通預金口座のため、必要に応じて自由に預金を引き出すことができ、急な出費にもご利用いただけます。 しかも、繰り上げ返済をするわけではないので、団体信用生命保険のメリットも享受することができます。万が一の場合、住宅ローンの残高がゼロになるだけでなく、お手元の預金を遺すことが可能です。 将来何が起こるか不透明な昨今の経済環境下、企業が手元資金を積み増しているのと同様、個人のお客さまにとってもお手元の資金を確保することの重要性が高まっているのではないでしょうか。 東京スター銀行では、2003年より日本で初めて預金連動型「スターワン住宅ローン」の取り扱いを開始しました。おかげさまで、残高5,500億円(2010年7月末現在)を達成し、ご利用者の97.4%の方にご満足いただいています。  ※参考資料と調査結果概要は関連資料を参照 <調査概要> 調査名:      住宅ローンに関する意識調査 調査対象:    全国の20〜40代の男女 有効回答数:   1,487サンプル 調査方法:    インターネットリサーチ 調査時期:    2010年7月27日(火)〜2010年7月29日(木) 調査主体:    株式会社東京スター銀行 調査実施機関: 株式会社アイシェア 備考:       本リリース文章は調査実施機関から提供された調査データを当行が編集したものです。 ◇株式会社東京スター銀行( http://www.tokyostarbank.co.jp/ )  2001年6月創業。「ファイナンシャル・フリーダム(=お客さまをお金の心配から解放する)」を企業理念に、お客さまが金融に関するあらゆる問題を気軽に相談することができる店舗(ファイナンシャル・ラウンジ)を展開しています。従来のようなコンサルティングサービスとは異なり、一方的に銀行側がご説明するのではなく、目標達成へ向けて、お客さまと共に資産運用についての解決策を見出していく手法を取っております。法人部門も、ノンリコースローンや事業の証券化など、新しい金融手法で中堅中小企業のお客さまを支援しています。 ● 関連リンク (株)東京スター銀行 ホームページ 日経プレスリリースより 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 東京スター銀行、「住宅ローンに関する意識調査」結果を発表の記事の続きはココから >
< 東京スター銀行、「住宅ローンに関する意識調査」結果を発表の記事はココまで >
| カテゴリ : 最新情報 | 2010.08.20 Friday 12:20 | comments(1) | trackbacks(5) |
[ HOME最新情報 > 日本クレジット協会、5月のクレジットカード動態調査集計結果を発表 ]

日本クレジット協会、5月のクレジットカード動態調査集計結果を発表

< 日本クレジット協会、5月のクレジットカード動態調査集計結果を発表の記事はココから >
 今回のマイホームローン借り換えは、5月のクレジットカード動態調査集計結果についてです。

社団法人日本クレジット協会(会長 堀部 政男 一橋大学 名誉教授)は、クレジット業界の統計資料の整備という観点から、クレジットカード発行会社25社を対象としたクレジットカード動態調査を実施しており、このたび、平成22年5月分の集計値をとりまとめた。

これによると、平成22年5月分のショッピング信用供与額は、2,564,293百万円で、前月比では0.6%の減少となっている。キャッシング融資額は、268,848百万円で、前月比では10.1%の増加となっている。信用供与額合計は、2,833,141百万円で、前月比では0.3%の増加となった。

なお、ショッピングについては、平成21年8月以降10ヶ月連続で前年同月比が増加、キャッシングは平成18年8月以降46ヶ月連続で前年同月比が減少となった。日経プレスリリースより

<a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NWCG8+AZBW02+1PTA+5YJRL" target="_blank">
<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="http://www22.a8.net/svt/bgt?aid=100606472664&amp;wid=003&amp;eno=01&amp;mid=s00000008011001001000&amp;mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="http://www14.a8.net/0.gif?a8mat=1NWCG8+AZBW02+1PTA+5YJRL" alt="">
 
最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。
<a href="http://blog.with2.net/link.php?671838" target="_blank">人気ブログランキング</a>

今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 日本クレジット協会、5月のクレジットカード動態調査集計結果を発表の記事の続きはココから >
< 日本クレジット協会、5月のクレジットカード動態調査集計結果を発表の記事はココまで >
| カテゴリ : 最新情報 | 2010.08.11 Wednesday 12:57 | comments(1) | trackbacks(3) |
[ HOMEマイホームローンネットバンク > 住宅ローン金利「ゼロ%」出現 「出血」覚悟の値下げ競争 ]

住宅ローン金利「ゼロ%」出現 「出血」覚悟の値下げ競争

< 住宅ローン金利「ゼロ%」出現 「出血」覚悟の値下げ競争の記事はココから >

 銀行の住宅ローン獲得競争が熾烈になっている。東京スター銀行の「スターゼロ住宅ローン」は先着500人限定だが、適用金利はなんと「ゼロ%」を謳っていた。また、インターネット専業の住信SBIネット銀行は、変動金利型で年0.975%と1%を切っている。保証料なし、契約者の8疾病保障にかかる保険料も銀行負担だ。

住宅ローン金利の引き下げは長期金利の低下が背景だが、銀行にとっては個人顧客を囲い込むキッカケ商品だけに「出血」覚悟の値下げ競争を繰り広げている。

預金残高とローン残高を相殺
 
申し込み殺到ですでに締め切った「スターゼロ住宅ローン」(写真は、東京スター銀行のホームページから)    東京スター銀行の「スターゼロ住宅ローン」は先着500人、2010年6月21日から7月30日までの期間限定だったが、7月7日、最終日を待たずに締め切った。

融資金額に対して、事務手数料として年5.25%が必要だが、保証料もかからず、適用金利は「ゼロ%」。利用者の負担は、がんや高度医療を含む団体信用保険、入院保障などの保険料、繰上げ返済などにかかる諸費用をパッケージにした「メンテナスパック」の手数料で、住宅ローン残高に対して年0.504%が必要になる。

東京スター銀行は、「繰上げ返済やローンの借り換えを検討していて、いくらか用意していた方が、事務手数料分に充てて契約されたようです。ただ、当行としては500人の限定だから提供できるのであって、定型化するほど大きな利益にはなりません」と話している。

一方、同行の看板商品でもある預金連動型住宅ローンの「スターワン住宅ローン」は、預金残高とローン残高とを相殺し、それによって実質的に金利を下げることができる商品。「ゼロ%」の人がどのくらいいるのかは明らかにしていないが、「住宅ローンを組んだ直後は無理でも、コツコツと貯金していくことで預金残高を増やし、一方で返済が進めばローン残高を減らせるので、長い目でみて支払利息を軽減することができます。実際に『ゼロ』の方もおります」という。最近の3年間で融資残高を25%伸ばし、6月30日時点では5417億円となった。

たばこ代を返済に充てて繰り上げ返済
変動金利型で年1%を切る水準で住宅ローンを提供するのは、住信SBIネット銀行。同行の住宅ローンは2010年7月20日に、貸出実績が累計で5000億円を突破した。利用者も2万人を超えている。02年9月に開業してから、ネット銀行としては最速の1031日での到達だ。

同行の住宅ローンは、金利の安い変動金利型と、返済額が変わらない安心感のある固定金利型とを併用できる「ミックスローン」が選べるのが特徴。さらには、1円から繰上げ返済できるのも、ネット銀行ならでは。普通預金口座から、「繰上げ返済」をクリックして、パスワードや金額などを入力するだけで返済できるので、預金連動型と同じような、実質的に支払利息を少なくする効果が見込める。もちろん、繰り上げ返済手数料は無料。「たとえば毎日のたばこ代を返済に充てて、返していくことも可能です」と、広報担当者は胸を張る。

住宅ローン金利は、メガバンクなどでも変動金利型で年1.0%に近い水準に下がってきた。長期金利の低下に加えて、獲得競争の激化による「複合的」な要因があるとみられる。

ただ、利幅が薄くなっても、「顧客基盤の拡大につながるメリットは小さくない」(メガバンクの関係者)と話している。Jcastニュースより

< 住宅ローン金利「ゼロ%」出現 「出血」覚悟の値下げ競争の記事の続きはココから >
< 住宅ローン金利「ゼロ%」出現 「出血」覚悟の値下げ競争の記事はココまで >
| カテゴリ : マイホームローンネットバンク | 2010.08.01 Sunday 15:12 | comments(2) | trackbacks(4) |
[ HOME最新情報 > 「フラット35」県内利用急増 住宅ローン 民間と競争拍車 ]

「フラット35」県内利用急増 住宅ローン 民間と競争拍車

< 「フラット35」県内利用急増 住宅ローン 民間と競争拍車の記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、「フラット35」県内利用急増についてです。 住宅金融支援機構の長期固定金利住宅ローン「フラット35」の県内での利用件数が急増している。2009年度末は、前年度実績の約2倍となる194件、10年度に入っても4〜6月の累計ですでに121件と前年度を上回るペースだ。景気対策で省エネや耐震性に優れた住宅への金利の優遇幅が拡大されたのをきっかけに利用が増えた。一方、同商品を取り扱う銀行などの金融機関では自社の住宅ローン商品との競合もあり、金利競争に拍車がかかっている。 フラット35は最長35年の返済期間中、借入時の金利のままで返済額が一定なのが魅力だ。優良住宅が対象の「フラット35S」は借入時から一定期間は、低金利の優遇を受けられる。10年目までの優遇幅は年0・3%だったが、2月15日から1%に拡大された。 民間金融機関は金利変動による損失リスクがあるため、変動金利型ローンで顧客獲得を目指さざるを得ない。沖縄銀行の担当者は「お客さまのニーズがあるので導入し、紹介しているがバッティングするのは避けられない」と話す。 フラット35は借り入れの申し込みが完了しても、実際に資金を受け取れるのは竣工(しゅんこう)後の現場検査をクリアしてから。このため、建設費用をまかなうための「つなぎの融資」が必要になるなど不便な点もある。琉球銀行営業統括部は「金利で対抗することはできないが、うちにしかできない付加価値で勝負したい」。琉銀は住宅ローンにがんなどの三大疾病特約や団体信用保険を付与するなど商品開発に工夫をこらす。沖縄タイムズより フラット35の金利引き下げは12月30日まで。金融機関はそれまで静観の構えだ。 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 「フラット35」県内利用急増 住宅ローン 民間と競争拍車の記事の続きはココから >
< 「フラット35」県内利用急増 住宅ローン 民間と競争拍車の記事はココまで >
| カテゴリ : 最新情報 | 2010.07.28 Wednesday 12:55 | comments(0) | trackbacks(4) |
[ HOMEマイホームローン金利 > 住信SBIネット銀行、住宅ローンの商品性を改定 ]

住信SBIネット銀行、住宅ローンの商品性を改定

< 住信SBIネット銀行、住宅ローンの商品性を改定の記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、住信SBIネット銀行の住宅ローンの商品性を改定についてです。 住宅ローン商品性改定のお知らせ 〜住宅ローンのお借換え時に期間を長く設定できるようになりました〜 住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:川島克哉、以下「住信SBIネット銀行」という)は、平成22年7月16日(金)より、住宅ローンの商品性を改定しましたので、お知らせいたします。 今回の改定により、住宅ローンのお借換え時に、改定前の当社住宅ローンと比較して、お借入期間を長く設定することが可能となり、 ・お借入期間を長く設定して、毎月のご返済額を減らしたいかた ・繰上げ返済により期間短縮をされたかたで、現在の期間より長く設定したいとお考えのかた などのお客さまにおかれましては、ご利用いただきやすい内容となっております。 〈改定箇所〉 住宅ローン(借換)の「お借入期間」 〈改定前のお借入期間〉 1年以上35年以内(1ヵ月単位) ただし、借換対象となる住宅ローンの残存期間内とします。(残存期間の端数月数は1年単位で切捨て) 〈改定後のお借入期間〉 35年から、「借換対象となる住宅ローンのお借入日からの経過期間」を差し引いた期間を上限とします。 お借入期間〈1ヵ月単位〉:35年−経過期間 (経過期間の端数月数は1年単位で切上げ) 是非、この機会に当社住宅ローンでのお借換えをご検討いただきますようお願い申しあげます。  住宅ローン詳細につきましては、当社Webサイトをご覧ください。  URL: https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i080101CT 住信SBIネット銀行は、今後もさらなる利便性向上に資するサービスの拡大に向けて、様々な検討を行っていくことにより、「顧客中心主義」の徹底に努めてまいります。 以上 日経プレスリリースより 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 住信SBIネット銀行、住宅ローンの商品性を改定の記事の続きはココから >
< 住信SBIネット銀行、住宅ローンの商品性を改定の記事はココまで >
| カテゴリ : マイホームローン金利 | 2010.07.17 Saturday 13:57 | comments(1) | trackbacks(3) |
[ HOMEマイホームローン借り換え > 武蔵野銀行、新プランを追加し「むさしの『くらし快適ローン』」をリニューアル発売 ]

武蔵野銀行、新プランを追加し「むさしの『くらし快適ローン』」をリニューアル発売

< 武蔵野銀行、新プランを追加し「むさしの『くらし快適ローン』」をリニューアル発売の記事はココから >
今回のマイホームローン借り換えは、武蔵野銀行、新プランについてです。 リフォーム向け「むさしの『くらし快適ローン』」のリニューアルについて 武蔵野銀行(頭取 加藤喜久雄)では、平成22年7月16日(金)から、リフォーム資金や住宅ローンのお借換資金にご利用いただける「むさしの『くらし快適ローン』」を更に利用しやすい商品にリニューアルするとともに新プランを追加いたします。 今回追加する「エコリフォームプラン」は、(1)環境配慮型、(2)埼玉県産木材を使用したリフォームの2種類といたしました。 リニューアルした本商品の特徴は、住宅ローンや給与振込を利用されているお客さま、「リフォーム工事瑕疵担保責任保険」が適用されるリフォーム工事を行うお客さまには、金利を差し引きいたします。 更に、本商品をご利用いただいたお客さまには付帯サービスも併せてセットいたしました。 当行では、(1)環境関連商品の提供、(2)公益信託「むさしの緑の基金」による助成、(3)従業員への環境教育などの取組みをはじめ、今後も地元金融機関として環境に関心を持ち、配慮を心掛けているお客さまを積極的に支援することにより、CSR(企業の社会的責任)を果たしてまいります。日経プレスリリースより 最後までマイホームローン・借り換え・金利情報局にお付き合いいただきましてありがとうございました。参考になった方は是非クリックをお願いします。 人気ブログランキング 今後もマイホームローン・借り換え・金利のより良い情報を発信していきますのでよろしくお願いします!
< 武蔵野銀行、新プランを追加し「むさしの『くらし快適ローン』」をリニューアル発売の記事の続きはココから >
< 武蔵野銀行、新プランを追加し「むさしの『くらし快適ローン』」をリニューアル発売の記事はココまで >
| カテゴリ : マイホームローン借り換え | 2010.07.16 Friday 12:47 | comments(1) | trackbacks(3) |

最新トラックバック
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
RECOMMEND
SponsoredLink
オススメ情報




Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

マイホームローン,マイホームローン借り換え,マイホームローン金利,